本文へスキップ

広瀬桃木両用水土地改良区のホームページへようこそ!

TEL. 027-231-2090
FAX. 027-235-5422
〒371-0034 群馬県前橋市昭和町1-2-7

完了事業報告(昭和23年度〜平成20年度)

■ 県営坂東大堰合口土地改良事業(昭和23〜昭和26年)
現在の坂東大堰合口
 広桃用水及び天狗岩堰両土地改良区は、約450年前の創設以来上毛の美田6000haを潤していましたが、取入口を利根川河川敷内に設けていたため、永年にわたって洪水との戦いに心血を注いできました。
 こうした中で、取水方法を大きく変えるきっかけとなったのは、昭和22年カスリーン台風による大洪水でした。
 この未曾有の台風によって広桃用水の取入口施設はことごとく破壊され、現地点での復旧は、不可能となるまでになってしまいました。
 一方、広桃用水取入口から下流約1.6kmの、利根川右岸から取水していた天狗岩堰も同様の状況となってしまったことから、その復旧について両改良区で協議した結果、昭和23年坂東大堰普通水利組合連合を結び、合同の取入口を建設し、安定した取水 が確保できるようになりました。 
建設当時の坂東大堰合口

 事業は、坂東橋上流約30m、左岸に、河川に並行して取水口(坂東大堰合口)を建設し、取水した用水を2本の隧道に分水し、一つは1,270m余りの広桃隧道、暗渠、開渠により広瀬桃木両川の分水点へ接続し、もう一つは16mの隧道を経て利根川を横断する堰堤の暗渠197mに接続、更に2,770mの暗渠及び開渠により旧天狗岩用水取入口に接続させるという大事業で、災害復旧事業として昭和23年10月に着工し、事業費2億1900万円を要し、同26年5月に完成しました。
 
■ 県営坂東合口第1期土地改良事業(昭和39〜昭和42年)
 昭和26年5月に完成した坂東大堰合口は、広桃用水・天狗岩堰・大正用水の合口として、前橋市外2市14ケ町村の県央穀倉地帯9387haをかんがいし、発電や防火、生活用水として利用され、市民生活に密着したものとなっていました。
 しかしながら、近年利根川からの砂礫が流入し取水能力が甚だしく低下し、用水路の浚渫等に多大な費用を要すると共に、予定水量の確保が困難な状況となり、下流地帯は恒常的な水不足が続くようになりました。
 このころ群馬県企業局では、坂東水系総合開発事業の一環として、田口、関根、小出、柳原(合計出力29,700kw)の4発電所の建設を計画していました。
広桃隧道掘削状況
 こうした中、昭和37年広桃用水、天狗岩堰、大正用水は、この発電所建設の電気事業と共同で事業を実施し取入口の改修を図ることとなり、昭和38年に事業は採択され群馬県企業局と3改良区による共同事業の実施の運びとなりました。
 事業は、既設の坂東大堰合口を予備取水口とし、約700m上流左岸にある東京電力佐久発電所放水路に取入口を直結し、以後は発電事業との共同隧道延長652mを新設して取水地点付近まで導水するものでした。昭和39年5月に着手、総事業費約2億7000万円を要し、昭和42年3月に完成し、この事業によって予定水量の安定した取水ができるようになりました。
 
■ 十六本堰改修事業(平成8年〜平成12年)
昭和5年の改修
丸太杭の堰より改修され記念撮影をする十六本堰水利組合役員
 この堰の名前は、16世紀末頃16本の杭で造られたことから由来したもので、前橋市のほぼ中央に位置し、広瀬川と端気川の分岐点の広瀬川に設置されており最大18m3/sの水量を分水しています。
 既設の堰は昭和5年に改修されましたが、60有余年を経過し老朽化が著しく、施設の維持管理労力が増大し、地区内への安定した用水の配水が困難になってきました。また、かんがい期の市街地においては豪雨時に度々水があふれ、周辺の住民に不安を与えていました。
現在の十六本堰
 このようなことから、既設の堰を全面改修し、事務所と新堰を延長2.3kmの光ケーブルで結び、水管理システムによって遠隔操作や監視を可能とする計画が立案され、また市街地に建設するため景観にも配慮し、堰本体にレンガ風の上屋をかけることになりました。
 平成8年11月に工事着手し、総事業費3億1400万円を費やし平成12年3月に完成しました。
 この事業によって、地区内への安定した用水の配水や、豪雨時における迅速な対応が可能となりました。
 
■ 管理用道路整備(平成16年度〜平成17年度)
 昭和26年群馬県営坂東大堰合口事業で造成した導水路の提体で、土盛りであったため雑木や雑草が繁茂して導水路の亀裂を誘引していることや、管理用道路として全く機能しておらず、また民地との境界を侵食していることから、2ヵ年に亘り約640mを整備しました。

事業名 小規模土地改良事業
事業主体 広瀬桃木両用水土地改良区
地区名 北橘幹線地区・北橘第2幹線地区

北橘幹線地区 北橘第2幹線地区

 
■ 隧道・暗渠整備(平成17年度〜平成18年度)
 隧道・暗渠(約571m)は、昭和26年群馬県営坂東大堰合口事業で造成した施設で老朽化や脆弱化が著しく、底床部は全体的に洗掘されている他、一部の区間において洗掘による空洞が側壁まで達している箇所が生じてきたため2ヵ年に亘り整備補修を実施しました。
   
事業名 H17.小規模土地改良事業      H18維持管理適正化事業
事業主体 広瀬桃木両用水土地改良区
地区名 北橘幹線地区・北橘第2幹線地区

工事前 工事後

 
■ 新農業水利システム保全対策事業(平成16年〜平成20年)
 米政策改革基本要綱施行に伴う地域水田農業ビジョンの実現を支援するため、担い手への管理の集中、増大等といった農地の利用集積等への制約要因を除去し、担い手育成に資する合理的な水利用と管理の省力化を実現するため、実施しています。 

事業主体 広瀬桃木両用水土地改良区
地区名 宮川用水地区 水利区域面積470ha
関係市町 前橋市・伊勢崎市・玉村町

改修前 改修後

 
■ 基幹水利施設ストックマネジメント事業「坂東大堰地区」(平成18年〜平成20年)
  昭和26年に県営事業で造成した坂東大堰土地改良区連合の施設は、殆ど当時のままで50年以上が経過し老朽化や脆弱化が著しく機能低下も懸念されてきたことから、施設が致命的な損傷を受ける前に適切な機能診断や劣化の予測に対応した機能保全計画を策定し、計画に基づく対策工事を一貫して実施することにより、ライフサイクルコストの低減と施設の安全性を図るため県営事業で実施しています。

事業主体 群馬県
地区名 坂東大堰地区 地区面積3,534ha
関係市町 前橋市・高崎市・伊勢崎市・玉村町
関係土地改良区
広瀬桃木両用水土地改良区・天狗岩堰土地改良区
坂東大堰土地改良区連合




この施設の用水は、群馬県の中部地域の農業農村を支える重要な地域資源となっているほか、多岐にわたる利水者、また、利根川を挟んで東西の主要一級河川に注水し河川の水源となるなど、公益性・公共性が高く、社会的影響が非常に大きいことから用水の安定的な通水が必要であります。



バナースペース

広瀬桃木両用水土地改良区

〒371-0034
群馬県前橋市昭和町1-2-7

TEL 027-231-2090
FAX 027-235-5422