広瀬川と利根川の合流
渋川市北橘町の東電佐久発電所放水路(利根川)から取入れした用水は、広瀬川と桃木川に分かれて流れ前橋市・伊勢崎市・玉村町の田をかんがいした後、前橋市小屋原町で桃木川が広瀬川に合流し大河となり、ここ伊勢崎市境平塚地点で利根川に合流します。
なお、この平塚は正保年間から元禄年間のころには河岸場として栄え、江戸へ年貢米等の輸送に使われておりました。
(伊勢崎市境平塚)