旧桃木川制水門

利根川及び佐久発電所から広桃導水路へ流入し下流の一級河川の桃ノ木川へ一部が流入する連絡水路の制水門です。 昭和40年に造成され、現在は、旧桃木川の制水門として利用していますが、過去には広瀬川の主流を調整する制水門の役割を果たしてきました。現在は、新桃木川として別の河川があり、新桃木川との合流までの田を潤すため、また、新桃木川の断水や減水の際にこの制水門より通水量を増やし、通水量を確保しています。