この施設は昭和42年県営坂東合口第1期土地改良事業で造成したもので、広瀬用水と桃木川の分流点になっております。正面制水門が広瀬用水路、左が桃木川制水門、右が余水を利根川に放流する放水路です。