広瀬用水(広瀬川)は江戸時代には比利根川(ひとねがわ)と呼ばれ、利根川の分流により河川となりました。当時は用水としての利用の外、厩橋城(前橋城)や城下の生活用水として、また荷物を運ぶ舟運などにも盛んに利用されていましたが、時代の変遷により現在では、発電や公園等の景観・親水、また廃水の浄化等地域用水として多面に亘り利用され、昔と変わらず地域住民に親しまれています。

広瀬川ほとりの遊歩道に立つ萩原朔太郎の詩碑
広 瀬 川

広瀬川白く流れたり
時さればみな幻想は消えゆかん
われの生涯(らいふ)を釣らんとして
過去の日川辺に糸をたれしが
ああかの幸福は遠きにすぎさり
ちひさき魚は眼にもとまらず

      
              萩原朔太郎


広桃用水太陽光発電所 稼働中!
太陽光発電所

太陽光発電所 太陽光発電所

「平成25年度群馬県小規模農村整備事業(十六本堰地区)」 及び 「広瀬桃木両用水土地改良区事業」として、太陽光発電所を計画、設置工事をし、平成26年1月17日より稼働開始しました。
この事業は、「平成25年度土地改良施設維持管理適正化事業 十六本堰通信機器整備補修工事」と併せ、本改良区が維持管理する十六本堰の操作、管理の効率化、省力化及び堰の稼働に必要な電力と維持管理経費を補う事を目的として設置しました。

事業主体:広瀬桃木両用水土地改良区
設置場所:渋川市北橘町下箱田字岩上624-63
設置面積:約2,100 ㎡
設置規模:88.44 kW
(第1施設 49.5 kW、第2施設 38.94 kW)
基礎工法:タッピングパイル基礎工法

見学を希望する方は、本改良区の事務局までご連絡ください。



 当HPは「土地改良区創造運動」の一環として、一般公開しております。
 随時、更新していきますので、今後共、宜しくお願い致します。
(2013年9月吉日 更新)


                    
New Topics!

1.平成28年度 定期断水日が決定しました
  
※詳細については、こちらをご確認ください。
    なお、定期断水は、年1回各河川の清掃や点検、整備工事を実施する為に行います。
    ご理解ご協力、宜しくお願い申し上げます。
                                            (平成28年12月8日 更新)


2.役職員(正副理事長、各担当理事及び理事監事)、各地区総代  が改変されました。
   
役職員) 任期:平成28年11月12日~平成32年11月11日
   総  代) 任期:平成28年10月 3日~平成32年10月 3日
            
※各種申請等の場合、事務局へお問い合わせください。
                                           (平成28年11月12日 更新)


3.平成28年度 本改良区主体「事業」が決定しました。

 1.小規模農村整備事業 広桃幹線(Ⅰ~Ⅲ)地区

    事 業 名:群馬県小規模農村整備事業
           広桃沈砂池及び放流導水路整備補修工事
           ※3地区
    工    期:平成28年12月 ~ 平成29年3月 (予定)
    工事場所:渋川市北橘町地内 (広桃沈砂池及び放流導水路)
    工事内容:沈砂池及び放流導水路整備補修工事

 2.小規模農村整備事業 十六本堰下流地区Ⅰ

    事 業 名:群馬県小規模農村整備事業
    工    期:平成28年10月 ~ 平成29年3月(予定)
    工事場所:前橋市朝日町~城東町地内 (十六本堰周辺)
    工事内容:十六本堰水管理システム整備補修工事
           十六本堰敷地内整備工事

 3.広瀬桃木両用水土地改良区事業

    事 業 名:広瀬桃木両用水土地改良区事業
    工    期:平成28年5月 ~ 平成28年7月
    工事場所:前橋市昭和町地内 (本改良区事務所)
    工事内容:事務所石綿含有板撤去改修工事

・組合員・申請者・工事業者 の皆様へ
申請書が一部更新されましたので、再度、ダウンロードをお願いします。
なお、以前の書式用紙では、受理できませんので、ご注意ください。
                                    (2016年6月29日 更新)

広瀬桃木両用水土地改良区

〒371-0034 群馬県前橋市昭和町一丁目2-7
TEL:027-231-2090
FAX:027-235-5422
Copyright c 2008  広瀬桃木両用水土地改良区.All Rights Reserved.